« アズパンマン制作記 <②キャラクター合わせ> | トップページ | アズパンマン制作記 <④本編マンガ・CM作成> »

2011年12月29日 (木)

アズパンマン制作記 <③アニメーション作成>

さて、アンパンマンのOPとEDをForzaアニメで再現してみようと思いたったわけですが、

当然全編ぐりぐり動かすのは作業量的にまず不可能だということはわかっていたので、

OPでは頭からタイトルの出るところまでをざっくりアニメーションさせて、

その後はこれまでのフォトスライド的に静止画でのキャラ紹介をはさんで、

最後に締めでちょっと動かす、・・・という感じの構成を考えました。

最初ちょっと頑張って動かせば、動画のつかみとして機能するかなーという

いやらしい計算も若干ありましたね。

OP再現に関しては、頭の中には子供のころに見ていた最初期のOPが

あったのですが、しばらくちゃんとアンパンマンを見ていなかったので、

一応Youtubeなどの動画サイトを漁って、歴代のOPを一通り見て再検討しました。

最近のはCGぐりぐりですごいかっこいいんだけど、とても再現は無理だということで

結局作るのは当初頭の中にあった(年齢的に)一番なじみのある

最初期のOPにしました。

A

背景を含めた回り込みアニメを作るのはえらい大変だろうとは思いましたが、

キャラはアンパンマンひとりだし、キャラの造形もそれほど複雑じゃないし、

背景がほとんど雲なので、動かしても結構ごまかしがきくだろうから、

まあ何とかなりそうかな、と。

最終的に出来たものを見ると、おおよそこの構想通りになっていますし、

きちんとつかみのインパクトも出せていたようなので、いい妥協点だったと思います。

(これ以上複雑なものを作ろうとしていたら、途中で折れていたかもしれませんね。)

EDもOPに合わせて初期のものをざっくりと再現する方向にしました。

E

各キャラの行進のパターンさえ作れば、それの繰り返しと組み合わせで

おおよその尺はかせげるので、こちらも何とかなるだろう、と。

最終的に手間と時間の関係で横向きの歩行パターンを省略したり、

屋根の大きさのバランスやレイヤー数上限の関係で一度に表示するキャラを

減らしたりもしていますが、こちらも手間と出来上がりのバランスという点では

最良の見切りだったと思います。

それでも制作には当初の予想以上の時間がかかったわけですが、

完成が秋以降にずれ込んだおかげで、OPにアニマス1stOPのモチーフの『↑』を

EDに2ndOPのモチーフの『☆』を組み込めたのでまあ結果オーライだったかと。

アニマスOPテイストを盛り込んだという言い訳で、キャラ紹介やEDの背景を

白ベースでいけたのも逆に助かった部分です。(色使いのセンスがないんで…)

そんなこんなでOP部分・ED部分(とタイトルバック・アイキャッチ)を作るのに、

確か10月の終わりくらいまでかかりました。だいたい4~5ヶ月くらいでしょうかね。

途中で『ゆかいじゃのう合作』に参加したり、気分転換に細かい動画や素材を

ちびちびと作ったりもしていたので実制作期間ということでいえばもう少し

短いのでしょうが、基本的に時間ができたらずっとアズパンマンを作っていました。

逆に言うと、間の本編マンガとCM部分は1か月程度で作っているわけですので、

あらためてアニメーション作成の大変さが身にしみて分かりましたね。

アニマス見るときも完全に正座ですよ。嘘ですけど。

全体的な流れはこんな感じですが、以下でもう少し具体的な

『Forzaアニメーション』の制作の流れなどを簡単に記して、

「俺こんなに苦労してるんだぞ」っていうのを軽くアピールしてみようかと思います。

参考にできるものなら参考にしてみてくださいな。

 

(※今キャプチャのPCが死んでいるので、一部画像が画面の直撮りになっています。)

【オープニング】

Photo_5

今回は再現アニメということで、まずは元動画の分析から。

頭の「そうだおそれないで~ともだちさ」までの回り込みアニメ部分がおよそ12秒。

動画をコマ送りで見ながら、どういう動きになっているのかを確認しつつ、

全体で何枚くらいの絵を描く必要があるのかの見当をつけます。

もちろん多ければ多いほど滑らかに動くわけですが、

適当な部分で見切りをつけないと作る前から折れてしまいますw

これまでの経験から、秒間5枚、全体で60枚程度くらいならば

ある程度動いて見えて、がんばれば何とか作れるかなという風に考えました。

普通のアニメーションとしてみれば秒間5枚はちょっと少ないかなと思いますが、

背景も動かすForzaアニメとしては十分上等な枚数でしょうw

余談ですが、これまで一番細かくアニメさせた動画はこれです。

これが秒間10枚ですが、7秒程度でもえらい苦労した記憶があります。

さて、実際のペイント作業ですが、まずは元動画を分解して絵を確認しながら、

キャラクターのみの絵を作っていきます。

Sh3k0280

作った絵の上にさらに絵を重ねていき、隠したり戻したりして

なるべく動きが自然になるように確認しつつ微調整していきます。

(緑の四角の1枚レイヤーは、動きの確認のときにすでに完成しているところなど

必要のない部分を裏に隠して見えなくするためのものです。)

マントの動きだけでもいい部分もありましたので、回り込みの12秒間のために

全体でおよそ30パターンくらいのアズパンマンを作ったかと思います。

Sh3k0281

1つの絵につき1000レイヤーという上限があるので、

各ブロック5~6パターンの5ブロックに分割して保存しておきます。

Sh3k0283

そのあとで元動画の絵を見ながら車の屋根の上に直接背景の雲をペイント。

そこに先ほど作ったキャラを載せて、元絵と似たような感じに仕上げていきます。

絵が出来たらペイントモードからフォト撮影モードに移行して

絵を描いた屋根を撮影してForzaサーバーにアップロード。

PC経由でフォトをダウンロードして、前後の動きを確認しつつ、

不自然なところがあったら直して再び撮影・アップロードをしなおす。

おおよそちゃんと動いて見えたら次の絵を作成して再び撮影・アップロード。

これを延々と繰り返していきます。そう・・・延々と・・・

Sh3k0284

車のサイドには、このようにあらかじめ後で使うブロックを読み込んで

上から車体の色と同じ色のレイヤーを載せて隠しておきます。

さしずめ絵の保管庫みたいなものでしょうか。

使うときにリストから読み込むよりもこうしておいた方が作画の効率がよくなります。

Photo_17

動きのバランスなどを考えつつ調整していった結果、画像は約12秒で69枚に。

車の屋根と元絵のサイズが違うので、だんだん元絵は参考程度になって

アドリブ感が強くなっていってますが、まあ仕上がりで動いて見えれば問題なし。

この部分が完成したときはうれしくて何回もループして見ちゃいました。

ここが作れればあとはこれ以上苦労することはないから楽勝だと思いましたが、

実際はそうでもありませんでしたね・・・(白目)

それでは意外に苦労した回り込み以外のアニメーション部分を

以下にて各パートごとに簡単に解説。

Cap20110825205135

この部分は小鳥さんの手振りと千早のジャンプをリンクさせることで

絵を6枚におさめてループさせてます。

Photo_18

アズパンマンの降下からタイトルが出るところまでは、煙の動きを表現するために

結構細かく絵を動かしつつ、タメやマントの動きなどにこだわった結果、

32枚もの絵を作る羽目になりました。

そのままだとキャラが小さくなりすぎてしまうので、

元動画とはだいぶロゴとキャラの配置のバランスを変えています。

キャラ4人・背景・ロゴでレイヤーがパンパンだったので、キャラを入れ替えつつの

絵作りが結構大変でしたね。

Cap20110926223045_7

各キャラの紹介部分は各4枚の絵をトランジッションによる切り替えで

動きをつけてなるべく画面に変化があるように見せています。

ここの見せ方で悩んでいたところにアニマスのREADY!!のOPを見て

矢印を使った演出を思いつきました。

Cap20111001215855

OP最後の飛行の部分は雲の動きの繰り返しで全体の動きをつけつつ、

各キャラのカットインやマントのひらひらなどもあり、結局45枚の絵を作りました。

キャラの大きな動きはなかったので枚数の割りに苦労はしなかったのですが、

最初雲の動きの管理を間違えて後ろ向きに飛ぶように作ってしまったのは内緒w

【タイトルバック】

O06_4

タイトルバックも初期のものを再現。背景のかまどを書くのにえらい苦労しました。

ここの音楽は元のアニメから録ろうとすると、タイトルを読む声が乗ってしまうので、

Wiiの「アンパンマンにこにこパーティ」からキャプチャして使いました。

【アイキャッチ】

I22

アイキャッチも初期のものをがんばってかなり忠実に再現しました。絵は22枚作成。

キャラを動かしつつ星の回転を維持するのと、

絵の重なりを管理するのに苦労しました。

【エンディング】

Sh3k0282

EDはまず登場する7キャラ分の行進パターンを作成。

左右の足上げが各4枚ずつで1キャラ8枚のループです。

体の部分で結構使い回しが出来たので、意外に苦労はありませんでしたね。

Pap_0073

ここでも背景の裏や車のサイドに別パターンをあらかじめ仕込んでおいて

撮影のときの入れ替え作業を効率化します。

背景と各キャラの足もとの☆はCHANGE!!!!OPのイメージ。

背景は割り切ってED中一切動かしていません。

足元の☆は演出的な意図とともに、絵を入れ替えるときの位置・大きさ合わせの

役割も果たしていたりもします。

(普段のののワさん動画のときはまるい影をつけてその役割をさせたりしています。)

Cap20111023021954

Cap20111031223920

Cap20111031223929

行進パターン以外の歌詞に合わせた各キャラの部分に関しては、

思いついたネタに合わせて適当に作成しました。

---------------------

かなり駆け足になってしまいましたが、細かく触れているときりがないので、

アニメーションさせている部分の解説はまあこんなところで。

・・・そもそも解説になっているのか自体、甚だ疑問ではありますがw

何か気になる部分や質問などがあれば、個別に投げてもらえれば

可能な限りお答えしますよ。(特に技術的な部分で隠すつもりはないので。)

さて、アニメーション部分ができて制作のヤマは越えた感がありますが、

意外と難産だった本編マンガ部分作成のお話を、また次回にて。

(<④本編マンガ・CM作成>に続く)

|

« アズパンマン制作記 <②キャラクター合わせ> | トップページ | アズパンマン制作記 <④本編マンガ・CM作成> »

アズパンマン制作記」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の作成 | 2012年1月30日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78469/53581088

この記事へのトラックバック一覧です: アズパンマン制作記 <③アニメーション作成>:

« アズパンマン制作記 <②キャラクター合わせ> | トップページ | アズパンマン制作記 <④本編マンガ・CM作成> »