« アズパンマン制作記 <①制作開始のきっかけ> | トップページ | アズパンマン制作記 <③アニメーション作成> »

2011年12月15日 (木)

アズパンマン制作記 <②キャラクター合わせ>

さて、アイマス関係なく普通にアンパンマンのペイントをした状態で頓挫した

「アイマス×アンパンマン」動画ですが、お蔵入りとなったまま年を越し、

やがて2月の箱版アイマス2発売を向かえました。

Photo_10

ンモーPの代名詞ということで、直後にこんな画像を作成したわけですが、

ここで「アイマス2仕様」のキャラペイントを全員分作成したことで

この髪型などをうまく流用して、もう一度アイマス×アンパンマンを

2仕様で作ってみたいな、と思い始めました。

そこからキャラ合わせをもう一度煮詰め直して確定させたのが4月ごろでしょうか。

そして5月のGWの休みを使って、一気に各キャラの一枚絵を完成させました。

アンパンマンはとにかく登場キャラ数がギネス認定されるほど多いので、

キャラ合わせに関してはなるべく主要キャラを漏らさないというのを基本にして

個人的に「絵にしたときにしっくりくる」というのを重視しました。

以下にて各キャラ合わせの簡単な解説などを。

 

①アンパンマン(三浦あずさ)・・・アズパンマン

Cap20110926223027

難航した主人公配役はあずささんに。

正直なことをいうと、若干消去法的に決めた部分もなくはないですが、

「アズパンマン」というタイトルの語感もよかtったと思いますし、

いろいろネタも沸いてきたので結果オーライだった気がします。

作画のときに胸をふくらましてみたりもしましたが、ちょっと生々しい感じに

なってしまったので、子供向けアニメということも踏まえて

胸ネタはなしにすることにしました。

(腹パンは子供向けとしてアリなのか、といわれてしまうと困ってしまいますがw)

パトロール→迷子、というネタも当然考えましたが、

意外性ともう一歩のひねりが思いつかなかったので最終的にボツになりました。

 

②ばいきんまん(天海春香)・・・ヴァイキンマン

Cap20110926223100

これはもう迷わず決定w

「ヴァイキンマン」というもじりを思いついた瞬間にもう勝ったと思いました。

「かびるんるん+ののワ→はるるんるん」というネタは特に明記はしませんでしたが

コメントで書いてくれている方がいましたね。

 

③しょくぱんまん(菊地真)・・・まこぱんまん

Cap20110926223113

これも迷わず決定したキャラですね。

イケメンといえばやはり真。絵的にもかなりしっくりきていると思います。

 

④カレーパンマン(水瀬伊織)・・・くぎゅうパンマン

Cap20110926223125

若干おこりっぽけど芯はやさしいツンデレ感で。

いおりんの特徴的な髪型も無理矢理かと思いきや意外とあってる?

胸のうさちゃんマークがポイントです。

 

⑤クリームパンダ(萩原雪歩)・・・マーガリンパンダ

Cap20110926223231

タレ目な感じが雪歩かなーって

 

⑥あかちゃんまん(高槻やよい)・・・まよちょんまん

Cap20110926223216
見た目のかわいさと、おなかがすいてなければ

最強パワフルまっちょちょんキャラということで。

ツインテ付けただけで元絵ほとんどいじってないですね・・・

 

⑦ドキンちゃん(星井美希)・・・ミキンちゃん

Cap20110926223249

小悪魔的な性格を考えれば当然美希かなと。

名前のもじりもしっくり来ましたし、まこぱんまんとの関係もハマりました。

見た目もいい感じにできたので、「カワイイ」コメントもいっぱいついてましたね。

 

⑧おむすびまん(我那覇響)・・・ぬむすびまん

Cap20110926223137

当然「おむすびまん=美希」は考えましたが、厳密には美希は「おにぎり」だし

やっぱりドキンちゃんの方だなと思ったのでので、おむすびまんは雰囲気で響に。

ネタ的なつながりは薄いですが、絵的なハマリ度ではかなりいいと思っています。

個人的にお気に入り。

 

⑨ホラーマン(四条貴音)・・・はやーマン

Cap20110926223303_2

今回のごめんなさい枠です。

言い訳はしません。ミスマッチ感が面白かったんでやっちゃいました。サーセン。

私は名前は中の人的に「はやーマン」で考えていましたが、

コメントで「ホらあめん」って書かれていたのを見て、やられた!と思いました。

 

⑩メロンパンナ(双海亜美)・・・アミンパンナ

Cap20110926223150

⑪ロールパンナ(双海真美)・・・マーミパンナ

Cap20110926223203

姉妹枠ということでこちらも早々に確定。

一番最初に絵を作ったのもこの2人でした。

(でも気の利いた名前のもじりは結局思いつかず・・・)

ちょっと性格面での違和感はあるかもしれませんが

見た目のしっくり感は今回の絵の中でも一番ではないかと思っています。

Anpanamimami

こんな1枚絵を作るくらいお気に入りです。

 

⑫みみせんせい(秋月律子)・・・かみせんせい

Cap20110926223317

メガネ+先生ということでこちらも鉄板でした。

ちょっと後の話になりますが、オープニング部分の編集の際に、

先生がいるのにカバおくんやウサこちゃんなどの生徒がいないのは

ちょっとさびしいなーと思って急遽追加したのがこの876の3人です。

Cap20110926223431

カバおくんの愛ちゃんかできた瞬間に「勝った」と思いましたねw

案の定、動画上での反応もよろしかったようで、ちょっと寄り道になりましたが

作って大正解でした。

涼ちんのちびぞうくんに特に深い意味はないです。

 

⑬めいけんチーズ(如月千早)・・・千ーズ

Cap20110926223331

「チ」つながりと犬千早ということでこちらも早々に配役が決定。

コメントでスライスチーズって書いたやつはパン工場裏な。

 

⑭バタコさん(音無小鳥)・・・バタコトリさん

Cap20110926223344

パン工場を765プロに見立てるならば当然の配役ですが、

見事なまでに違和感ないですね。

今回は特に贔屓はしてない・・・はず。

(でもOP・Aパート・Bパート・EDと出ずっぱりなのは

主役のアズパンマンとバタコトリさんだけだったりしますが・・・)

 

⑮ジャムおじさん(高木順二朗)・・・ジュムおじさん

Cap20110926223357_4

これも小鳥さんと同じ理由で妥当な配役だったと思いますが、

Aパートのネタと、それにかぶせるようなEDの「やさしい顔の~」のネタが

振ってきたときには「これはいける!」と思いましたね。

 

キャラあわせにあたっては、アンパンマン公式サイトのなかましょうかい

参考にしました。各キャラの元絵も、ほぼこのページの絵からとっています。

------------

さて、これで一応キャラ絵はできたわけですが、初期のころだったら

これらの絵を並べて音楽をつけて軽くひとネタ入れて完成、にしていたかも

しれませんが、ここにくるまでちょっと苦労したし、ネタ的にもなかなか

面白いものができそうだったので、歌姫の音源がちょうどOPとEDだったこともあり、

OP(アニメ)→Aパート(マンガ1)→CM(走行動画&ペイントカー販売告知)

→Bパート(マンガ2)→ED(アニメ)の番組構成まんまのミニ再現を

やってみようかなーと思い立ったわけです。

それがいばらへの道を踏み出す一歩だったことも知らずに・・・

(<③アニメーション作成>に続く)

|

« アズパンマン制作記 <①制作開始のきっかけ> | トップページ | アズパンマン制作記 <③アニメーション作成> »

アズパンマン制作記」カテゴリの記事

コメント

かびるんるんまですごいw

ののワるん?

投稿: | 2012年5月18日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78469/53484955

この記事へのトラックバック一覧です: アズパンマン制作記 <②キャラクター合わせ>:

« アズパンマン制作記 <①制作開始のきっかけ> | トップページ | アズパンマン制作記 <③アニメーション作成> »