« 俺「味噌汁おかわり!」 俺「はいはい」 | トップページ | やよクリカート84 »

2009年3月29日 (日)

コサキン終了

1981年秋にスタートし、放送時間帯、番組名を変えながら

27年半に渡って放送され、私も毎週楽しみに聞いていた

コサキン(小堺一機・関根勤)のラジオ番組『コサキンDEワァオ!』

昨晩の放送を持って終了となりました。

私がコサキンをちゃんと聞き始めたのは『木曜UP'S』の頃からなので、

リスナー暦は13~14年のまだまだ新米リスナーなのですが、

それでも終了の知らせを聞いてから、最後の放送が終わって一晩たった

今になっても、自分の中に去来する感情を整理しきれずに、

心が『ウエハース・ロボ』のように脆くなっています。

コサキンの終了に関して色々思うところを長々と書こうかと思いましたが、

どうしても憶測と愚痴だけのつまらない文章になってしまいそうなので止めておきます。

ただ今は、自分の生活における楽しみのひとつだったもの、

そしてこれからもずっとそうあり続けると思っていたものが突然失われたことと

自分が好きなラジオというメディアが衰退していくという現実に対して

残念な気持ちでいっぱいです。

時代は常に変化しているからこそ、変わらずに積み重ねてきたものには価値がある。

ラジオ番組に限らず、全ての物事に共通することだと思います。

もうひとつ聞き続けているラジオ番組『伊集院光の深夜の馬鹿力』の中で、

伊集院さんも先日コサキン終了の件にふれて、

「自分がおっさんになっても深夜ラジオをやり続けてていいのかという悩みに対して、

『コサキンが続いている』ということのありがたみったらなかった。

それゆえにコサキン終了のショックは大きい。」という趣旨の発言をしていました。

年をとるにつれ、精神的にはなかなか成長できないのに

社会的には「大人である」ことを強要される場面が多くなるものですが、

そんな中で、一般的に一流芸能人として認識され、

実際に立派な大人であり、父親である小堺・関根の両氏が、

深夜にこっそりバカで意味のない中二の放課後のような会話を

何年もかわらず繰り広げている。

「大人になっても、たまには中二に戻って思いっきりバカなことをしてもいいんだ。」

そういう意味で、知らぬ間にコサキンの存在は

自分のなかでの精神的な拠り所になっていたのかもしれません。

先日、赤坂サカスで行われた最後のコサキンイベント&ふれあい会で

長年作家として携わっていた鶴間さんがこのようなことを言っていたそうです。

『コサキンの終了で自分の人生にただぽっかり穴が空いてしまったとは考えずに

その空いたところに何を入れるか考えることで、もっと人生を良いものにして欲しい。』

私の心に空いた穴は、今のところ自らの高速回転で広がっていくばかりですが、

その心の穴に入るものを探しながら、いつの日か必ず来るコサキンの復活に期待して、

ときに無駄に、ときにバカバカしく、そしてたまに真面目に

これからも頑張って生きつづけていこうと思いました。

・・・結局、何だかごちゃごちゃと色々書いてしまいましたね。スイマセン。

【追伸】

今のところ、その心の穴を埋める作業のひとつは

『ニコマス動画作り』かもしれません。

また近いうちに『コサキンDEワ@オ!』動画も作りたいと思っています。

とりあえずこれまで作ったのを貼っておきますね。

めるりPとかごまPもまた何か作ってくれないかなー。

|

« 俺「味噌汁おかわり!」 俺「はいはい」 | トップページ | やよクリカート84 »

今日のンモー」カテゴリの記事

コメント

最終回聴きました。
これからは爆笑問題や伊集院氏が
「あの人がバカやってるなら」っていう存在になっていくんでしょうかね。

投稿: | 2009年3月31日 (火) 04時54分

コメントありがとうございます。
個人的に『伊集院』『爆笑』『コサキン』『さまぁ~ず』が
JUNK横並びだったときが最高でした。
毎週全部録音して、しかも複数回聞いていたもんなあ。
よくそんな時間があったもんだw
『伊集院』『爆笑』はもちろん、
今の『雨上がり』『アンタッチャブル』なども
ラジオが本当に好きでやっている感じがして好きです。
(さすがに昔ほど頻繁に聞けなくなってはいますが…)
JUNK枠には深夜ラジオバラエティーの意地を見せて
頑張ってもらいたいものですね。

あとは局アナなのに、ときに伊集院以上のはっちゃけぶりを見せる
安住伸一郎の『日曜天国』もオススメです。

でも、今後あらゆる面で『コサキン』以上の
ラジオバラエティーは存在し得ないと思います。
『TBSラジオ』は大きな財産を投げ捨てた
と思うのは、さすがに贔屓目が過ぎるでしょうか…

投稿: ンモー | 2009年3月31日 (火) 11時33分

いやーあの頃はJUNK黄金期でしたね。
今のJUNKも面白いですがJUNKゼロは
録音になってしまい残念な面もあります。
仕事中に音楽を聴ける環境なので録音して聞いている
深夜ラジオにはホントがんばってもらいたいです。

安住さんは伊集院さんと違いラジオだろうがテレビだろうが
お構いなしなのがすごいですよね・・・毒が

贔屓目でなくともその通りだと思います。
コサキン復活のために署名を集めてるサイトもあったりして
「もしかしたら!」の気持ちを捨てきれずにいます。

投稿: | 2009年4月 1日 (水) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78469/44501676

この記事へのトラックバック一覧です: コサキン終了:

» コサキンDEワァオ!(TBSラジオ、2009年3月28日(土)24:00-25:00) [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○「コサキンDEワァオ!」(TBSラジオ、2009年3月28日(土)24:00- [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 21時49分

« 俺「味噌汁おかわり!」 俺「はいはい」 | トップページ | やよクリカート84 »