« ブリブリ | トップページ | 小鳥短歌 1 »

2009年1月11日 (日)

16×16の美学

相互リンクさせていただいてるメカPブログのこちらの記事から、

この動画を拝見いたしました。

その中のこの場面の小鳥さんが、

私の作った動画「音無小鳥のセンチメンタル・ジャーニー」での

ネタと被っているのですよ。

Photo

私のマイナー動画からわざわざ引用していただいたのか、

たまたま同じネタが被ったのかは定かではありませんが

いずれにしても、ちょっと嬉しかったですねw

そしてもちろん、この動画自体もファミコンジジイのツボにはまりまくりで

かなり楽しめました・・・っていうかすげえよこの方たちw

この方たちほどではありませんが、私もドット絵には一時期結構はまったクチで、

ファミコンの絵描衛門(デザエモン)で、当時の学校の先生の似顔絵を敵キャラにした

シューティングゲームを作ったり、ファミコン通信(当時)のヤリジュン先生の

ドット絵講座に感心したり、スーパーファミスタ5のエディットの名前部分を

凝ったフォントにしてみたり、PSの「ポケットじまん」で、ちょっとした

アドベンチャーゲームを作ったりもしました。(おっと年齢が特定されるかw)

そこで、当時を思い出して、簡単なドット絵を作ってみました。

A828afea75ef4c40850ba19f04bd601a

キャンバスは基本の16×16で。製作時間1時間。

ツールがドット絵に特化したものではないので、まあこんなものですかねw

いやー、久しぶりに楽しかったわ。ドット絵の魂は不滅です!

|

« ブリブリ | トップページ | 小鳥短歌 1 »

Forza2ペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78469/43709637

この記事へのトラックバック一覧です: 16×16の美学:

« ブリブリ | トップページ | 小鳥短歌 1 »